Ray Moriya's Journal

Today is the first day of the rest of your life

THE SUPPLIER IS ALWAYS RIGHT

f:id:RayMoriya:20190822191939p:plain


What are the products on a Consumer-to-Consumer platform? How does a given service bring new users into the fold? The answer is users. People base their decisions on joining or leaving a C2C platform on the attractiveness of the participants and the contents that the participants have on offer. Treating our users not only as consumers but also as suppliers should be paramount for us. The majority of C2C or social media services go down the tubes because their incentives for users, key to getting users to equip a platform with value, are inadequate. The platforms of most startups come with a fatal design "bug" in terms of incentivization. By all means, we must avoid this error. It is incumbent upon us to offer an incentive for users' work, in the same way Google and Amazon do. Google and Amazon consumers do not think of themselves as suppliers. Nevertheless, they do in fact provide data regarding their behavior and thus enhance the convenience and success of those platforms. 


What kind of moms do we want to display in our shelves and how? How can we motivate them to participate? 

These are important questions. Eliminating messaging bugs has been a real struggle for us. Even so, we can not lose sight of the fact that messaging, though important, is not a true differentiator. 

オックスフォード受験の英語要件(IELTS)を最短で突破する方法

f:id:RayMoriya:20190804235728p:plain


オックスフォード・ケンブリッジの大学院受験を考えた時に、最もネックとなるのが英語要件だろう。例えば、ケンブリッジよりも英語要件が厳格なオックスフォードのSaiid Business Schoolの公式サイトには下記のように記載されている。

TOEFL

  • Minimum Score: 110
  • Minimum required on each component: Listening - 22; Reading - 24; Writing - 24; Speaking - 25

IELTS

  • Minimum Score: 7.5
  • Minimum required on each component: 7.0

IELTSのほうがTOEFLよりも簡単という噂が日本人受験生の間では流れているが、それはオックスフォードの

  • TOEFL110 = IELTS 7.5

という換算式においては正しい。

しかし、例えばUniversity of Virginia LL.M. の換算式では

  • IELTS (全てのセクションで7.5) = TOEFL (  Listening - 26; Reading - 26; Writing - 24; Speaking - 22)

となっており、この場合はTOEFLで受験したほうが圧倒的に楽だ。IELTSでwritingを含めたすべてのセクションで7.5を同時に取るのは非常に難しい。純ジャパだと限りなく不可能に近いだろう。


つまり、IELTSとTOEFLがどちらが簡単かは志望校の換算式次第であり、その前提条件を抜きにIELTSとTOEFLがどちらかが簡単かを比較しても意味をなさない。多くのMBA受験、とりわけオックスフォード、ケンブリッジにおいてはIELTSを選択したほうが楽ではあることは確かだ。よって純ジャパで英語が苦手であればTOEFLは捨ててIELTSに集中するのが戦略的には正しい


では、IELTSを勉強したときに、オックスフォードの英語要件を超えるための理想的なスコアは何か。僕が考える理想スコアは下記だ。

  • Overall Score: 7.5
  • R: 8, L: 7.5, W:7 (6.5からリスコアを狙う), S:7 (Wよりは簡単なのでリスコアなしで7以上を狙う)

IELTSでは受験生の統計データが公開しているが、IELTSのWritingは他のセクションに比べて難易度高い。IELTS writingで7が取れる受験生は他のセクションでは8以上をとっている印象だ。つまりIELTS でwriting 7を取る実力をつけるためには、overallで8を取るぐらいの実力が必要となる。

自分自身もTOEFL 98から鞍替えし、IELTSを受験し始めて、あまり勉強もせずに3回であっさりとoverall 7.5は達成した。しかしそのあとにwritingが7になかなか届かず、苦労した。

ここで実は1つ裏技がある。それがIELTSのRemarking(Enquiry on Results)だ。IELTSではTOEFL同様、スコアに納得がいかない場合には、再採点を申し込むことが出来る。僕自身は利用しなかったが、利用している人たちを見ると高い確率でWritingかSpekingのどちらか、もしくは両方のスコアがアップしており、下がっている人は一人も見たことがない。ReadingとListeningでは採点者の主観が入り込む余地が少ないので再採点の意味はほぼないが、WritingおよびSpeakingにおいては試してみる価値は大いにある。採点者が人間である以上、主観の排除は不可能であり、再採点が要求されたという事実から、スコアを上げる心理的圧力が再採点者に働いていると推測してる(再採点者はそれが再採点依頼だとは知らないとも言われているが、僕は疑わしく思っている)。

 

よってオックスフォード受験における英語の最適な戦略は下記の通りとなる。

  • TOEFLではなくIELTSで受験
  • ReadingとListeningで7.5以上を狙い、高得点で安定させる
  • WritingとSpeakingで6.5(場合によっては6)が出たら、即リスコアを申し込む

上記を淡々とこなしていけば、最低限の英語力 (TOEFL100程度、TOEIC満点程度)があれば、オックスフォードの厳しい英語要件を満たすことも現実的であろう。
 

「英語で育児」「保活」パパママミートアップ

8月25日(日)の10:00〜11:45「英語で育児」「保活」に関するミートアップを目黒区中小企業センターの第2集会室で開催いたします。

「英語で育児」編 
我が家(株式会社クレヨン代表の森屋家)では今年5月に夫婦の会話、1歳の娘とのやり取りを含めて、家庭内共通語を英語にしました。私も妻も生粋の日本人であるため、ネイティブのような英語を喋ることはできません。語彙も限定的で、文法ミスも犯しますし、発音も日本語訛りです。それでも家庭内で英語で喋ることには娘や親自身にもメリットがあると思っています。今回のミートアップでは我が家で行っている英語育児のツールと方法、効果について紹介した後に、参加者の皆さん同士で英語で育児について日本語で自由に話せる場を作ろうと思っています。お子さん、パパ・ママの英語のレベルは問いません。

「保活」編 
1歳の娘を持つ我が家ではすでに2つの企業主導型保育園と1つの認可保育園を経験しました。新設認可保育園から内定をもらい、転園したものの、結局は2週間で退園し元の企業主導型保育園に戻るという経験をしました。「認可に転園したのに敢えて認可外に戻った理由とは?」「企業主導型保育園って何?」等についてお話した後に、皆さんで保活の悩みや情報の交換をできる場を作る予定です。保活は狭域である情報ほど重要であり、かつインターネットに載らない情報も多いです。そのような有益な情報交換の交換の場をできれば幸いです。

その他
無料のミートアップイベントとなります。

現在開発中のママ支援アプリFIIKAの体験会も計画中です。
パパ・ママ・お子様連れの参加を歓迎いたします。上記トピックの対象であればお子様の年齢は特に問いません。
育児支援サービスの株式会社クレヨンが主催のイベントとなります。
https://www.fiika.jp/ 
お問い合わせ:support@crayon.mom
Lineによるお問い合わせ:@209PQQYK 
目黒区中小企業センターまでのアクセスf:id:RayMoriya:20190803154846p:plain

Career is no longer a linear progression

f:id:RayMoriya:20190802030739p:plain

 

After having changed my role and employer several times, I came to believe a traditional, linear career progression is no longer valid. I found an article that validates my thought. "Your career is more like an iPhone than a ladder," says a ex-Google career coach. This is very true. One of my former seniors at a consultancy is now leading another global consulting firm as the CEO of the Japan office. He was a mere manager seven years ago. However, even when he was in a common position, he acted differently from the way other managers did. Eventually, he skipped climbing a corporate ladder to become a CEO while others were focusing on the regular path. Establishment of his self-branding image, up-for-everything attitude, and confidence contribute to his success. He could not have achieved this if he had been following others. 


A younger worker at the consultancy I once worked for raised 3 billion yen from VCs to get his startup going. Managers there were quick to get down on his case. I have my doubts regarding his capabilities as a consultant, but there can be no doubt as to his great talent at getting a business up and running. His company is one of the most promising startups in Japan and shows up hundreds of news media outlets, both in Japanese and English. Back in those days, those of us surrounding him had no inclination to hear him out on his ideas or make measured business judgments on them. 


Both passed on the corporate ladder so as to leapfrog their way to where they are today. These two characters were great exemplars for me. There is no guarantee that diligence in an ordinary career path will take you to where you really want to go. You are the one to decide which app, "skills" that you will download and manage to reach your goal. You are the one who makes your own "career" smartphone. Pursuing a career is no longer a linear progression but something more like infusing your portfolio with ecstasy and enthusiasm. The opinions of others, simply because they are older, are not particularly relevant. If they are not in a line where you want to be, it's better to ignore them. 

All of this made me reflect upon my Oxford admissions essay, "I Want to Be a Nail that Sticks out and thereby Envision the Future and to Inspire Others" in a culture of "a nail that sticks out to get hammered down." My nontraditional career path must look inconsistent to common people, but I want to demonstrate a new way of career styles to others by my action. If we are to pioneer the future in the face of conventional wisdom, we must show our grit with our actions and eschew hollow truisms.

Traction is king for startups

f:id:RayMoriya:20190731092042p:plain

Traction is king for startups. This is what I have been feeling recently. A myriad of startup services and ideas have come my way since I took the first steps on my own my startup journey. All of them seem dull and unpromising, and they should probably be that way by nature. If these ideas look brilliant and promising, somebody else including a big corporation with enough capital has commercialized them already. It's easy to criticize a service from a safe place as a member of an audience. If one is to become an entrepreneur, courage to face the music for immaturity in one's dull and unpromising service is essential.

What is a thing to transform such an unpromising business idea to a promising one? This is traction: to have a set of measurable users. People, including VCs or angel investors, cannot judge a new business model. Only traction can convince them. This is a reason why I am in a hurry to release our alpha service as soon as we can. I can tell why entrepreneurs are often recommended full-time commitment. You cannot stay positive when you receive hundreds of negative opinions on your unprecedented idea. You must give it your all when the time comes for the release of your minimum viable product at utmost speed, meanwhile paying less attention on external noise, and then make upgrades depending actual user feedback. 

This is something that people have to unlearn. To maintain the company reputation in a big corporation, you are not encouraged to make a mistake. This means you must demonstrate the viability of a theoretical concept with market data. By contrast, risk aversion is worse than error in the world of startups. Since your endeavor is novel, you will have no market data at your fingertips. To challenge conventional wisdom is the essence of startups per my definition. One must accept pain when building a startup, but there is excitement that is also to be had.

英語で育児 (ミートアップ報告)

f:id:RayMoriya:20190726102058p:plain
英語で育児

2019年7月14日(日)に「英語で育児」「保活」「英語レッスン」の3つをテーマとしたパパママミートアップを開催しました。

2週間前に思いつき、「悩む前には行動を」ということで、Facebookの保活グループ、マチマチ、目黒区民センターの図書館、娘が通う保育園でのみ1週間前に告知をするという、超突発イベントだったため、リーチできた人々も相当限られていたと思います。こんな思いつきなイベントだったので何人来てくられるかなーとドキドキでしたが、結果的には4家族の方にお越しいただけました。

人数は少なかったものの、事後のアンケートでも100%の方に満足という評価を頂き、また当日来れなかった方からも再度の開催希望をいただきました。現在8/25(日)の午前に同じ目黒区中小企業センターでの開催を予定しています。詳細はまた後日告知いたします。

下記は当日に使用した「英語で育児」の説明スライドです。もっとも評判の良かったセッションとなりました。

20190714 english childrearing from Ray Moriya

私のコンセプトは「子供に英語を教える」ではなく「子供と共に学ぶ」です。子供は、「親の背中を見て育つ」と思っているので、「何歳になっても楽しみながら学んでいる姿を見せることが最高の教育である」と考えています。

「英語で育児」Twitterも始めました。今までは育児関連の英語表現を個人的にGoogle Sheetsに記入していましたが、せっかくであればそれを公開した方が皆さんの役にも立つだろうと考えたからです。よろしければfollowをお願いいたします。
https://twitter.com/Eigo_Ikuji

オックスフォードMBA コーヒーチャットで思い出した想い

f:id:RayMoriya:20190726101635p:plain
夢見る尖塔のある街で見た夢の続き

Affinity英語学院の飯島先生に誘われて、 オックスフォードMBA 志望者向けのコーヒーチャットに行ってきた。僕は普段はあまりこういうイベントには参加しないことにしている。というのも、英語力要件が世界で最も厳しいスクールであるオックスフォード大学の学生の英語力はとても高く、僕はその環境に圧倒されて、留学前に思い描いていたような留学生活を送れなかった。そんな僕は人前で「できない自分と向かい続けた」留学生活を語ることを避けてきた。

ではなぜ今回参加することにしたかといえば、受験時代にお世話になったAffinity英語学院の飯島先生からメールでのお誘いを受け、卒業生、進学予定者、進学に興味がある人たちでの、カジュアルな飲み会ということだったため、気軽な気持ちで参加をしてみることにした。

ただし、実際は8人ほどの受験生が集まっており、進学予定者は0人、卒業生は2人というメンツだった。当初の話と異なると思いながらも、進学希望者の話を聞いているうちに5年前の受験生だった自分の想いが蘇り始めた。

「ビジネスはあくまでも世界をよくするためのツールに過ぎない」
「資本主義は重要だが、目的と手段をはき違えてはいけない」
「エリートとは経歴や学歴ではなくて、他の人のために立ち上がれる人のことだと思う」
「出る杭が打たれる文化の中で出る杭でありたい」
「本当に大切なことは数字では表現されない」
「給与上昇率とかランキングとかはどうでもいい」
「オックスフォードはオックスフォードだから」

アルコールもない、コーヒーショップのオープンスペースなテーブルで、10代のように熱く語っている自分がいた。それをメモを取りながら必死に聞いてくれる受験生たち。お互いの発言に頷きあう卒業生。ビジネススクールではなく公共政策大学院の話ではないかというような会話。必死に聞く受験生の中には5年前の自分がいるような気がした。

そして5年前の自分とは異なっている自分がいることにも気づいた。

「自分の能力を高めることるよりも、人々に機会を提供することのほうが喜びが大きい」
「大切なのは勝つことではなくて、挑戦する機会にすら恵まれなかった人々がいるということに気づくこと。その機会が得られた自分の環境に感謝すること」
「諦めた(明らめた)時に本当に自分が人生をかけてすべきことが見えてきた」
「努力で超えられない現実を嘆くのではなく、自分が持っている能力でできることを考えている」

「オックスフォードの留学で得た一番の収穫は何ですか」という質問に、僕は「努力ではどうにもならない自分の限界を知ったこと。その時に新しい世界が見えてきた」とこたえた。自己成長信仰から解放されたきっかけといってもよいかもしれない。自己成長信仰から解放されたときに、僕はもっと人生をかけてやるべきことが見えてきた。自分1人が成長することよりも、困っている人々に機会を提供し、一緒に前に進めた時のほうが充実感は大きい。

自分ではない「何か」という存在になりたがっていた5年前の自分。限界ある自分という存在を活用して社会に「何か」を提供したいと思っている今の自分。

5年前に見ていた夢の続きが見たくなった。その続きはあの時よりも、ぬくもりがあって、柔らかくて、ほっとできる、リアルな夢だ。


f:id:RayMoriya:20190805150330p:plain

ルソーの 一般意思 を育児領域に実装するということ

f:id:RayMoriya:20190726104915p:plain

筆者はこれから夢を語ろうと思う。それは未来社会についての夢だ。わたしたちがこれからさき、21世紀に、22世紀に作るであろう社会についての夢だ。あらゆる夢と同じように、筆者の夢もまた、断片的で矛盾だらけで、欠陥が多く混乱に満ちている。

一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル | 東 浩紀 

僕が影響を受けた本からの抜粋だ。 スタートアップを始めてから、夢と理想を現実の世界にインプリメンテーションをすることの難しさを身に染みて感じている。アイディアには価値がないとはよく言ったもので、実装できるだけのGRITがあり、それが可能になる外部環境が整っているかのほうがよっぽど重要だ。東浩紀が上記の本を執筆してからすでに10年が経過したが、日本社会における民主政が変わった兆しはない。僕はこの本は大好きだが、提言では世の中は変わらない。


僕はコンサルやGAFAでビジネス戦略を学び、スマホやIoT端末の開発の現場で技術を学び、オックスフォード大学で社会的ミッションを実現する方法を学んだ。今まで学んできたものを適用するフィールドとして、非効率で市場原理が働いておらず、外資が入ってこない育児の場を選んだ。僕は今まで吸収してきたスキームを紡ぎ合わせ、ビジョンから逆算し、現実社会に落とし込んで、世界を1ミリでも前に進めたい。

ルソーは「一般意思」という言葉で、意識的な合意形成ではなく無意識の欲望の集積について語った。彼は、人々が意識していない、意識できない欲望が数理的に集まり、統治の基礎を形づくる理想の国家を夢見た。その理想はルソーの時代には不可能な夢しかなかったが、わたしたちはいま、彼が夢見ることすらできなかった歴史の道すじ(情報技術革命)を通り、その夢が現実化しつつある時代を生きている。

一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル | 東 浩紀 

ほぼ同時代を生きたルソーとアダム・スミス。問題が多く未だに機能不全を起こしている民主政と、恣意性を取り除き人間の欲望に基いたシステムで大きく発達した資本主義。政治家になりたいと思っていた僕は、資本主義と同時代に生まれたにもかかわらず、当初からあまり発展していない民主政のあり方に常に疑問を持っていた。

かといって資本主義も万能ではなく、特にそれは育児のような貨幣経済と相性の悪い、愛情空間で機能不全を起こしている。僕はこのような資本主義が機能していないところにこそ、ルソーの一般意思を実装することに意味があるのでないかと思っている。

ママ同士のやり取りでのストレスはその関係性から来ていることが多い。そもそも育児といった正解がない領域で、議論による合意形成など無理なのだ。一般意思を実装することでそもそもこの無駄な議論による合意形成を排除し、自然と調和が図られる「神の見えざる手」のようなプラットフォームが形成できるのではないか。

そんな捉えどころのない夢のような世界をいかに現実社会に落とし込んでいくか、そんなことを考えながら実行している日々だ。

「助け合い」を強調しないビジネスモデル

f:id:RayMoriya:20190726105251p:plain

僕がFIIKAでこだわっていることの1つに「助け合い」を強調しないということがある。育児ビジネスというと、近隣住民との「助け合い」というワードがよく登場し、そのようなキーワードでフィードバックをいただくこともよくある。しかし、そもそも資本主義経済自体が消費者と供給者を貨幣でつなぐ「助け合い」のシステムであり、その枠内でビジネスを行うのに、ことさら「助け合い」を強調するのは、「経済的対価を提供できない」ビジネスモデルであることへの正当化であると思う。

これは決してNGOのような非営利組織の存在を否定しているわけではない。市場の不完全性を補完するためには、そのような利益追及を第一の目標にしない運営形態も必要だろう。しかしそれでは、意識高い系の人々にしか届かない。実際に育児業界では「やりがい」を対価とした「善意」モデルを敷いてきたが故に、供給者が集まらず、結果として機会損失を助長してきた。

Google, Amazon, Uber, Airbnbのようなスケールしているプラットフォームビジネスは、その中のユーザーたちはお互いには助け合っているが、決して彼らは「助け合い」ビジネスだとは言わない。Uberのドライバーだって、自分が人を「助けたい」から働いているわけではないだろう。Googleで検索しているユーザーは、検索アルゴリズムの精度向上を「助けたい」から利用しているわけでもない。自分に得があるから行っているに過ぎない。

人間が利己心にもとづいて自己利益を追求すれば、『見えざる手』に導かれて自然調和が図られ、社会全体の利益が達成される

国富論」 アダム・スミス

地獄への道は善意で舗装されている

ヨーロッパのことわざ

僕は育児業界で「神の見えざる手」を作りたい。需要と供給は潜在的には存在しているのに、社会的·心理的制約によって機能しなくなっている業界に対して、「神の見えざる手」となるプラットフォームを構築したい。そこで人々が自分の利益追及のために動けば、自ずと自然調和が図られる。それは困難を伴う茨の道ではあるだろうが、善意で舗装された地獄への道を見て見ぬ振りをし続けるよりはましなはずだ。

FIIKAは地域SNSを志向しない

f:id:RayMoriya:20190726105603p:plain

僕は地域SNSは流行らないと思っている。ただ現在開発中のFIIKAの話をすると「地域SNSですか?競合がすでにいますよね」という質問を受けることがあるのでここでもう一度整理したいと思う。

FIIKAはそもそも地域SNSは志向していない。僕が提供したい価値はママ同志(将来的にはパパ同志も入れたい)のストレスのない出会いであり、そのママ同士による価値交換の促進だ。
そのサービスは男女の出会い系ではTinderやPairsが代表格で、ビジネスではYentaとなるだろう。マママッチングではアメリカ発のPeanutとイギリス発のMushがある。それらをSNSと呼ぶ人がいないようにマママッチングを軸としたFIIKAも地域SNSには該当しないと考えている。

僕が地域SNSが流行らないと考えている理由は下記だ。

1)情報量ではグーグルには勝てない。
例えば、日本にある地域SNSのフォーラムに投稿されている内容のほとんどはグーグル検索すれば見つかるような内容だ。そのような情報で埋め尽くされた掲示板をわざわざ見たいユーザーは少ないだろう。ユーザー数が少なくなるクローズドな地域SNSで情報量と質、更新頻度で勝てる見込みはない。実際に地域SNSのコミュニティを除いてみると、「参加者:6人」「最終更新日:2017」などよくあることだ。

2)コミュニティではFBには勝てない。
FBでも、例えば「港区ママコミュニティ」を簡単に立ち上げることが出来る。新たに新規にプロフィールを作ることもなく、既存のプラットフォーム上でグループが作れるのであればわざわざ地域SNSに移行するだけのインセンティブがない。

3)本当に重要な情報はパブリックにはシェアされない。
インターネット上で不特定多数(もしくはグループ内での多数)に情報を発信している人は、読む専門の人の1割もいないではないだろうか。経済原則を考えれば、自分が有益な情報を提供すればそれの見返りを求めるのは当然だ。特にそれが保育園の入園や、子連れに優しいカフェなど、キャパシティが決まっているものであれば、その情報が広まることで自分に不利益が生じる。だったらその情報を自分たちにとどめておこうとするのは至極当然だろう。

4)ベネフィットが抽象的すぎて、参加する気になれない。
人はベネフィットがあるからこそ、何かの行動を起こしたいと思うものだ。Uberは「安くて効率的な移動」、Airbnbは「安くて快適な宿泊経験」を提供してくれるからこそ参加者が増え、スケールすることが出来た。しかし、それらに比べて地域SNSが謳う「地域コミュニケーション」が提供してくれるベネフィットは極めてあいまいでよくわからない。参加してみても最終更新日が2017だったりするので、アカウントを作ったらそのまま放置してしまう。これならFBでグループを作ったほうがコミュニティグループ主催者としてもやりがいがあるだろう。

地域SNSが流行るためには、開かれたグーグル、グローバルSNSのFB、即時性SNSTwitter、写真共有SNSInstagram、中古商品売買のメルカリ、等に代替されない価値が必要になるだろう。僕は既存の日本の地域SNSにはその独自の価値は感じない。だからこそ、僕は地域SNSを事業としてやろうとも思わない。

僕がFIIKAで作り出したい世界はまずはマママッチングでストレスのない、もしくはベネフィットを共有した、ママ友を見つけてもらう。その後のやりとりは、LINEやInstagramでしてもらってもかまわない。ただし他のplatformではできない独自の価値交換をFIIKAでやってもらう考えだ。プラットフォームは自己の利益最大化を目指す個人を助ける「神の見えざる手」のような存在にすぎない。ゆえにFIIKAは、既存サービスとの差別化が困難な地域SNSは志向しない。

ではその独自の価値交換は何か、はまたの機会に。